バカラのルールと遊び方【 バカラには必勝法がある 】

バカラ

 
カジノ、オンラインカジノ、そして「バカラ」
この言葉は聞いたことがあるけど、実際には何の事かわからない。
という方は多いのではないでしょうか?
 
実際にバカラで遊んで収益を上げている私が、バカラのルールや遊び方について説明していきます。
 

バカラのルール

バカラとは、参加者が「プレイヤー」か「バンカー」の勝敗を予想するゲームです。

2~3枚あるトランプの合計の下一桁が、9に近いほうが勝ちというルールで、バカラは 「勝率1/2の運まかせゲーム」ということです。

基本的な取引は「プレイヤー」 or 「バンカー」にBETするだけで簡単に出来るのがバカラ投資です。

 

プレイヤーで勝った(予測的中)場合

「ペイアウト率2倍」

バンカーで勝った(予測的中)場合

「ペイアウト率1.95倍」


バカラは一瞬で勝負がつく上に、 毎ゲーム50%で誰でも勝てるので、シンプルで頭も使わなくて良いですし お金の動きも速くて大きいのが特徴です。  

 

他には、終了時のカードの枚数に賭ける「ビッグ」「スモール」といった賭け方があります。「ビッグ」「スモール」は、スモールに賭ける場合、配られたカードの枚数2枚/2枚の合計の4枚でゲームが終了した場合に配当金がもらえ、 ビッグにベットした場合、カードが3枚/3枚の合計6枚でゲーム終了になれば配当金をもらうことができます。

 

配当の高い「タイ」「ペア」といった賭け方もあります。タイは引き分けという意味があり、タイに賭けていて、プレイヤーとバンカーの合計点が一緒だった場合は賭金の8倍が支払われます。($25賭けたら$200の支払い)プレイヤーとバンカーの勝負には関係なく、同点にならなければ賭金は没収です。

ペアは最初に配られる2枚が8、8などの同じ数字になるかに賭けるベットです。ペアも、プレイヤーとバンカーの勝負に関係なく、ペアでなければ賭金は没収です。

プレイヤーとバンカーのどちらか、また両方に対しても賭けることができ、配当は11倍となっています。ここでは、ベットの際、どれか1つだけにしか賭けられないというルールはなく、複数を同時にベットすることも可能です。

バカラといゲームは、日本人の方々に、一見複雑と感じてしまうかもしれません。確かにそのような面はあるかもしれませんが、慣れれば、そのような一面によって、より奥深さを感じることができるようになるでしょう。とにかく、バカラ初心者の方々も、バカラを理解して、楽しめるようになって欲しいです。

 

バカラとは?

バカラは、「カジノの王様」とも呼ばれ、カジノで一番人気のゲームです。
特にマカオや韓国などのアジア圏では圧倒的な人気を誇っています。

人気のヒミツは、ルールの覚えやすさとゲームのスピード感。

カジノのゲームといえば…
ルーレット、スロットマシーン、トランプゲーム、いろいろありますが、トランプゲームのひとつである「バカラ」がなぜカジノの王様と呼ばれるのでしょうか
理由はひとつではないのでしょうが、まずはわかりやすいところで、カジノでのゲーム別での売上比率を見てみましょう。

 


カジノが人気のマカオでのカジノ売上比率を見ても、バカラは88.2%もの売上を占めているとは圧倒的ですよね。
また、ランドカジノがある韓国カジノやシンガポールカジノでも1番人気だそうです。アジアでは驚異的な人気を誇っています。

ちなみに、ラスベガスではそれほどでもありません。 しかし、ラスベガスには賭け事だけで生計を立てている「プロ」が存在します。その数は1000人以上で、しかもそのうちの30%はバカラがメインのようです。一見50%勝負のように見えるバカラでも勘だけではない戦略というものは立てられないこともないわけです。

バカラの歴史

バカラは、カジノで最も古く、最も人気のあるゲームで、
発祥はヨーロッパとも中国とも言われておりアジアでは不動の人気を誇る
テーブルゲームです。

30年~40年前までバカラはブラックジャックやポーカーなどの一般向けのゲームとは違い、
カジノの王様とも呼ばれ「金持ち」専用のゲームでした。

バカラの起源はイタリアで、その後イギリス・フランスに伝わっていったと言われています。
各国の貴族が熱中して遊んでいたことから「キング・オブ・ゲーム」とも呼ばれています。

バカラはイタリア語で「ゼロ・破産」という意味ですので、
いかに中世の貴族たちがバカラに大金を賭けまくっていたかがわかります。

その後、アメリカで従来の儀式的なルールなどを省いた「ミニバカラ」が考案され、
貴族中心のセレブゲームから一転、一般客にも人気のゲームとなっていきました。

つまり、バカラはどの国でも貴族や大富豪から広まった過去があり、
現在でもカジノでハイローラーが楽しむゲームの代表的存在となっています。

 

バカラの魅力

バカラは「King of Casino(カジノの王様)」といわれており、シンプルかつ非常にスピーディーなゲーム性に惹きつけられたカジノファンは数知れず。ギャンブラーが最後に辿り着く先、それがバカラといわれています。

ポーカーやブラックジャックはスキルゲームなので読みや頭を使うことが多いですし、スロットだと大当たりが出れば一攫千金になりますが、通常時は小出しの当たりなので、じれったい、というところがあります。 

その点、バカラは一瞬で勝負が付く上に、毎ゲーム50%で誰でも勝てる要素なので、シンプルであまり頭も使わなくて良いですしお金の動きも速くて大きいのが特徴です。

 

バカラで勝つ方法

バカラのルールは分かったけど、どうすれば勝てるのか?という点が一番気になるのではないでしょうか?

バカラで勝つためにはいくつかのポイントがあるので、解説していきます。

 

罫線分析

バカラで遊んだ経験がある方は見た事があると思いますが、バカラには上の画像のような罫線(けいせん)という出目表があります。

罫線を見ていると、勝負の波には形があることが分かってきます。
完全に不規則な運任せかと思いきや、バカラの勝負には「勝負の波」があるんです!

罫線の分析方法として、テレコ/連勝/ニコイチなどの規則性があり、次にどちらが勝つのかを予測する事が出来ます。

完全にランダム、不規則で運次第で勝敗が決まっているように見えるバカラも、罫線を使って可視化してみれば、実は勝負の波にハマっていることがあります。

バカラ攻略に必要な罫線【 初心者でも出来る罫線分析3選 】

 

資金管理方法

バカラは人気ゲームがゆえに、様々な資金管理方法が存在しています。

その資金管理方法を上手く活用すれば勝率が50%しかなくても結果的にプラスになり勝つ事が出来ます。

マーチンゲール法(負けているときに、勝つまではひたすら賭け金を2倍にして行く方法)は、1→2→3→4→8と勝つまで賭け金を増やしていき、勝った時点で一度の勝負で損失を取り返す方法で、非常に有名です。

先ほどご紹介した「マーチンゲール法」の逆で、パーレー法(勝つたび賭け金額を2倍にしていき、さらなる利益を得る方法)などもあります。

その他にも様々な手法があるので、参考にして下さい。

バカラでの資金管理方法【 マーチンゲール法など、人気の手法を解説 】

 

配信に参加する

自分でルールを覚えて、罫線分析をして、資金管理をして、勝てるようになれば嬉しさや達成感が味わえるので、勉強するのはオススメです。
 
しかし、覚える事が多いので慣れるまでに時間がかかるので大変なことでもあります。勉強が面倒と感じる方や、実際に取引をしたけど上手くいかなかったという方も多いと思います。
 
そのような方に朗報です!
 
勉強や研究をせずに勝つ方法があるのです!!
 
その方法とはバカラ配信に参加することです。
 
 

バカラ配信では、上の画像のようにバカラの経験が豊富なプロトレーダーがどのタイミング(テーブル)でプレイヤー or バンカーのどちらにBETするのかを案内してくれます。

私自身、勉強をしたくないという理由で配信に参加しましたが、この配信で6万円を元手に14日間の運用で+237万円という結果を残す事が出来ました。

運用履歴もしっかり公開しているので、是非ご覧下さい。

バカラ運用履歴を一部公開

 

この結果を見て、配信に参加したい!という方も多いと思います。実際に他のバカラ配信に参加経験のある方もいるのではないでしょうか?

バカラ配信グループに参加するには入会金や月額費が必要になるケースがほとんどですが、私が実際に参加し運用していて、今回ご紹介するバカラ配信に関しては入会金も月額費も一切かからず、無料で参加する事が可能です。

参加資格なども一切ありませんので、参加したい方は誰でも参加可能です。

LUC888というバカラゲームのテーブルで配信していますので、バカラ無料配信に参加希望の方は下記のページにお進み下さい。

LUC888登録方法

タイトルとURLをコピーしました