投資での資産運用が必要な理由

マニュアル

老後2000万円問題が話題にもなりましたが、
「貯蓄から投資へ」という言葉を耳にしたり
目にする機会が増えています。

政府も投資で資産運用するように
推奨しています。

なぜこれほどまでに投資の必要性が
取り沙汰されているのでしょうか?

 

投資での資産運用が必要な理由

投資が必要な理由は主に3つあります。

① 低金利
② 老後資金
③ インフレ

 

投資の必要性を理解するために
欠かせないことは何でしょうか。

それは「お金の性質」や
「私達を取り巻く環境」を理解することです。

まず「お金の性質」ですが、
お金の価値は紙幣に印字されている
数字ではないということです。

そして「私達を取り巻く環境」は
金利の低下、少子高齢化、年金財政の悪化
将来的なインフレ懸念等があります。

 

低金利

 

上のグラフから分かる通り、
1975年/1980年には金利が9%もありました。

しかし、1995年以降を見ると
1%に満たない状況が続いています。

つまり、このことから分かる事は

昔は貯金をすればお金が増えたけど
今は貯金をしてもお金は増えない。

という事です。

投資での資産運用が必要な理由の
1つ目はこの低金利にあります。

 

老後資金

恒常化する低金利時代に加えて、
気にかかるのは将来の年金のこと。

日本の年金制度は基本的に、
今の現役世代から集めた掛金を
今の年金世代に渡すしくみになっています。

ところが日本では「少子高齢化」が
急速に進んでいるので、現役世代が減り
年金生活者を支えることが
難しくなっています。

老後の生活費を年金だけに頼るのは
かなり難しそうです。
事実、老後の生活について不安を抱える人は
じわじわと増えてきています。

 

インフレ

まず「お金の性質」ですが、
お金の価値は、紙幣に印字されている
数字ではないということです。

お金の価値は何が買えるかで決まります。
100万円はどのくらいの
価値があるのでしょうか?

現在の価値では
自動車を買えるくらいの価値がありますが、
仮に消しゴム1つが100万円になると
100万円はほとんど価値がなくなります。

政府日銀は2%のインフレ率を目標に
金融緩和をしているので、
今後、100万円で買えた車が
100万円で買えなくなる可能性があります。

このようにお金の価値は
そのお金で何が買えるかによって決まり、
モノの値段が変ればお金の価値は変わる
という理解が大切になります。

↓1970年当時の物の値段↓

 

お金の価値を「減らさない」ということは、
「100万円が100万円のまま」で
金額が減らないことではなく、
「現在100万円で買えるものを
将来も同じように買えるようにする」
ということになります。

 

まとめ

これまで見てきたように、

・低金利時代で貯金だけではお金が増えない
・年金にも頼れそうにない
・物の価値も上がっていく

そんな時代に私達は生きているのです。

そんな暗い将来の為に、
今から投資をすると言っても
20代、30代の会社員の給料だと
多くの資金を投資するのは厳しいですよね。

積立NISAやDC年金などの制度を使っても
数百万円/数千万円といった
多くの資金が無ければ
老後資金を賄う事は出来ません。

それに若いうちは貯金だけでなく
趣味にも使いたいですし…

 

そこでオススメする投資が
LUC888のバカラゲームです。

・投資資金が無い
・投資の知識も無い

といった方でも問題ありません。

1000円〜 投資可能
プロトレーダーの配信通りに
取引をするだけの作業なので
誰でも投資を始められます。

バカラ運用履歴を一部公開

 

詳細は下記の記事をご覧ください。
 LUC888のバカラゲームで億り人に

タイトルとURLをコピーしました