Fifties-Hackerで使用するロジックの説明

Fifties-Hacker

Fifties-Hacker(自動売買)で
GCを運用している方は
使用するロジックを決めて
ANTを稼働していますよね。

当サイトではオススメのロジックを
記載してありますが
オススメ以外のロジックも知りたい
という方はこの記事をご覧下さい。

 

そもそもロジックとは?

Fifties-Hacker(自動売買)で
使用するロジックとは、
システムベットのことで
資金管理方法という認識になります。

バカラやルーレット、バイナリーなど
単純勝率が50%の投資などでは
この資金管理方法はよく使います。

カジノなどのギャンブルや
バイナリーなどの投資をしない方は
馴染みが無いと思います。

 

ロジックの種類

自動売買「Fifties-Hacker」の設定方法
ロジックの種類を記載していますが、
Fifties-Hacker(自動売買)で
使用するロジックを紹介します。

 

バランス型のロジック

・マーチンゲール法(Martingale)

8-Martingaleなどの
ロジックの前の数字は
何回までマーチンを追うのか
選ぶ事が出来ます。

 

攻め型のロジック

・パーレー法(Pare)

5-Pareなどの
ロジックの前の数字は
何回までパーレーで追うのか
選ぶ事が出来ます。

 

守り型のロジック

・31 System
・バーネット1326法(Burnett)
・ダランベール法(D’Alembert)
・グッドマン1235法(
Goodman)
・モンテカルロ法(
Monte Carlo)

 

 

マーチンやパーレーの
回数の違いはありますが、
主なロジックはこの7つがあります。

それでは各ロジックの
説明をしていきます。

 

マーチンゲール法(Martingale)

マーチンゲール法とは、
勝つまで倍額BETを行い
1回のWINで損失分を取り戻します。

勝てば最初のBET額に戻ります。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 × −10
2回目 20 × −30
3回目 40 × −70
4回目 80 × −150
5回目 160 +10
6回目 10 +20

 

 

パーレー法(Pare)

パーレー法とは、
勝つたびに倍額BETを行う方法です。

連勝が出来れば利益は大きいですが
再現率は低いです。

負ければ最初のBET額に戻ります。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 20 +30
3回目 40 +70
4回目 80 +150
5回目 160 × −10
6回目 10 +10

 

 

31 System

9回のうち1回でも2連勝すると
少額のGCを獲得します。

最後まで負け越すと310GC失います。
※ポイントレートによって異なります。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 × −10
2回目 10 × −20
3回目 20 × −40
4回目 20 −20
5回目 40 +20
6回目 10 +30

 

 

バーネット1326法(Burnett)

勝つたびに3倍、2倍、6倍
掛け金をBETしていく方法です。

一度負けたとき、4連勝した時は
最初のBET額に戻ります。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 30 +30
3回目 20 +60
4回目 60 +120
5回目 10 × +110
6回目 10 +120

 

 

ダランベール法(D’Alembert)

負けた場合は 10GC 増やし
勝った場合は 10GC 減らします。

スタートの 10GC から勝っても
そのまま 10GC をBETします。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 10 × 0
3回目 20 × −20
4回目 30 × −50
5回目 40 +10
6回目 30 +40

 

 

グッドマン1235法(Goodman)

連勝したらBET額を
10→20→30→50と増やします。

連勝が続く場合は50を繰り返しBETし
負けたら最初のBETに戻ります。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 20 +30
3回目 30 +60
4回目 50 +110
5回目 50 × +60
6回目 10 × +50

 

 

モンテカルロ法(Monte Carlo)

Fifties-Hackerでは
10・10・10・10 の数列を使います。

最初に両端を足して 20GC をBETして
勝ったら両端の 10 がなくなり、
負けたらBETした 20 を右端に足します。

勝ち負けを繰り返し
数列がなくなったら最初に戻ります。
10・10・10・10 →20をBETして勝ち→ 10・10
10・10・10・10 →20をBETして負け→ 10・10・10・10・20

数列の両端の数字を足した数字が
BET額になります。

 

回数 数列 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10・10・10・10 20 +20
2回目 1010 20 × 0
3回目 10・10・20 30 × −30
4回目 10・10・20・30 40 +10
5回目 1020 30 +40
6回目 10・10・10・10 20 × +20

 

 

まとめ

これまでFifties-Hacker(自動売買)で
使用するロジックを紹介しました。

各ロジックのよって
それぞれの良し悪しがあるので
ご自身の運用目的に合わせて
ロジックを決定して下さい。

 

 

タイトルとURLをコピーしました