Croesus Systemの自動停止値設定方法

LUC888

Croesus Systemをお使いの方は
ご存知だと思いますが、
Croesus Systemの利確値は
1,600,000GCに設定されていました。

今回のアップデートで
利確値の数値を変更できる機能が
追加されました。

この記事では利確値の変更方法を
説明していきます。

 

利確値変更方法

まず、Croesus Systemにログインし
ダッシュボードに移動します。

 

ダッシュボードの画面で
『稼働状況』を押して
自動停止値(利確値)を設定する
ANTを表示させて『編集』を押します。

 

稼働中のANTの自動停止値(利確値)は
変更することは出来ません。

 

 

自動停止値(利確値)の入力欄に
設定する数値を入力します。

自動停止値(利確値)は
110万GC〜200万GCの範囲でのみ
設定することが出来ます。

 

 

自動停止値(利確値)は
ANTを稼働させる際に確認出来ます。

 

 

以上が自動停止値(利確値)の
変更方法になります。

利確値を変更するメリット

自動停止値(利確値)を
変更するとメリットがあります。

最初に説明しましたが、
Croesus Systemの利確値は
1,600,000GCに設定されていました。

自動停止値(利確値)を
変更するメリットは
バーストガードチケットを節約できる
という点です。

Croesus Systemは稼働させるのに
10万GC相当のバーストガードチケットが
必要になります。

バーストガードチケットは
ANTを稼働させる際に
1枚消費する仕組みです。

利確値が1,600,000GCにしたままだと
600,000GCの利益が出る度に
100,000GC分を支出することになります。

利確値を2,000,000GCにしておくと
1,000,000GCの利益ごとに
100,000GC分を支出することになります。

このように
利確値を高めに設定することで
バーストガードチケットを
節約することが出来ますので、
設定値を変更することをお勧めします。

 

LUC888
SHOYAをフォローする
オンラインバカラ完全攻略ガイド
タイトルとURLをコピーしました