バカラで表示される罫線(けいせん)の種類

バカラ

バカラで取引をしたことがある方やテーブルを見たことがある方は、言葉は知らずとも罫線(けいせん)を見た事はあると思います。

 

そもそもバカラのルールが分からないという方は、下記の記事もご覧ください。

バカラのルール|カジノの王様と呼ばれるバカラを分かりやすく解説
バカラは、カジノで1番人気のゲームで特にアジア圏で絶大な人気を誇ります。 バカラが人気の理由は様々ありますが、 ルールが簡単 ゲームの流れが早い 初心者でも勝ちやすい なども人気の理由の1つです。 こ...

 

その罫線には様々な種類があるので罫線の種類について説明をしていきます。

 

 

バカラの罫線とは

バカラで遊んだ経験がある方は見た事があると思いますが、バカラには上の画像のような罫線(けいせん)という出目表があります。

罫線を簡単に説明すると、バカラのゲーム結果 一覧表のようなイメージです。

 

この罫線を見れば、そのバカラテーブルでの過去のゲーム履歴が分かります。

バカラで遊んでいる方のほぼ全員がこの「罫線」を見てBETしていると言っても過言ではありません。

 

罫線を見ていると勝負の波には形があることが分かってきます。

上の画像の罫線を見てみると、プレイヤーが多く勝っていてバンカーはあまり勝っていないと一目で分かりますよね。

 

このようにバカラは完全に不規則な運任せではなく、バカラの勝負には「勝負の波」があるんです!

 

それは分かっているけど、どんな風に見ればいいのか分からないという方も多いと思いますので、その罫線の種類と見方を説明していきます。

 

 

バカラの罫線の種類

罫線の種類は下記の4種類があります。

 

・大路(ダイロ)
・大眼仔(ダイガンチャイ)
・小路(シュウロ)
・甲由路(カッチャロ)

 

基本的には大路の動きが基準になり、大眼仔、小路、甲由路の動きは大路の動きによって決まります。

罫線には4種類ありますが、バカラ分析する際は大路を見るのが一般的です。

 

 

大路(ダイロ)とは

大路とは、「バカラの出目表」で、単純に結果が反映されます。

プレイヤーが勝利した場合は「」、バンカーが勝利した場合は「」と表示されます。

また、タイ(引き分け)の場合は、1つ前の丸印に斜線「/」と数字が表示されます

この大路を見れば、プレイヤー・バンカーのどちらが勝利したのかなどのゲーム流れが瞬時に理解できます。

 

実際に罫線分析をしてBETされている方は、この大路に頼る比重は高いと思います。

大路を使用した罫線分析に関しては下記の記事でも説明しています。

バカラで自己裁量に挑戦【 誰でも出来る罫線分析4選 】
【 おすすめ記事 一覧 】 LUC888のバカラゲームに 参加されている方は 配信や自動売買で利益を出していますが 裁量取引の知識をつければ 更なる収益拡大が見込めます。 ...

 

 

大眼仔(ダイガンチャイ)とは

大眼仔(ダイガンチャイ)とは、「最新の結果」と「1列前の結果」を比較し「同じ動き」か「違う動き」かを表示する表になります。

大路の動きが基準になり、大眼仔の動きが決まります。

 

小路(シュウロ)とは

小路(シュウロ)とは、「最新の結果」と「2列前の結果」を比較し「同じ動き」か「違う動き」かを表示する表になります。

大路の動きが基準になり、小路の動きが決まります。

 

甲由路(カッチャロ)とは

甲由路(カッチャロ)とは、「最新の結果」と「3列前の結果」を比較し「同じ動き/」か「違う動き/」かを表示する表になります。

大路の動きが基準になり、甲由路の動きが決まります。

 

 

まとめ

この記事ではバカラで使用する罫線

・大路(ダイロ)
・大眼仔(ダイガンチャイ)
・小路(シュウロ)
・甲由路(カッチャロ)

この4つの説明をしてきました。

 

簡単にまとめると、

  • 大路が単純に結果を表示して
  • 大眼仔が1列手前の結果と比較
  • 小路が2列手前の結果と比較
  • 甲由路が3列手前の結果と比較

ということです。

 

罫線分析をするには大路は必須ですが、他3つの罫線を見ることができれば分析の精度が上がりますので各罫線の見方も覚えておきましょう。

 

オススメの記事

 

バカラ
SHOYAをフォローする
バカでも出来るバカラ教室
タイトルとURLをコピーしました