オンラインカジノ

オンラインカジノの税金|納税が必要な理由を解説

近年、日本でもオンラインカジノで遊んでいる方は増えてきています。

オンラインカジノランキング【 2021年 】おすすめのカジノを比較

 

個人的にゲーム感覚でオンラインカジノをプレイしている方、コンサル等を受けて仕事の一部としてオンラインカジノで稼いでいる方など背景は様々あると思います。

他の副業やビジネスと同様に、オンラインカジノで出た利益は確定申告をして税金を支払わなくてはいけません。

この記事では、オンラインカジノの利益にかかる税金に関して説明をしています。

 

オンラインカジノにはなぜ税金がかかる?

オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかります

オンラインカジノというギャンブルで稼いだお金は「一時所得」としてみなされる為、オンラインカジノでの利益は課税対象になります

 

ここでオンラインカジノ以外のギャンブルをしたことがある方は「パチンコでも競馬でも税金なんか払ったことないけど…」と思われたのではないでしょうか?

パチンコや競馬、宝くじなど、日本で出来るギャンブルに税金のイメージはありませんよね。実際に税金を払っている人もごく僅かと思います。

ではなぜ、オンラインカジノの利益は税金を支払わなければいけないのか?

まずはそこから解説していきます。

 

オンラインカジノ「だけ」納税が必要な理由

本来はオンラインカジノにだけ税金がかかっているわけではありません。パチンコや競馬などでも、税金を支払わなければいけません。

しかし、「競馬やパチンコのお金を脱税した」というニュースは聞いたことがありません。その理由は、利益の受け取り方の違いにあります。

パチンコや競馬は利益を現金で受け取るので、銀行などの記録に残りません。

記録が残らないと、お金の流れを税務署側が把握できないため取締りが難しくなり、見逃されているのが現状です。

一方で、オンラインカジノの利益は銀行振込で、記録に残る方法に限られています。

税務署側がお金の流れを容易に把握できるため、オンラインカジノで出た利益はしっかりと納税しましょう。

 

オンラインカジノの税金の計算方法

オンラインカジノの利益にかかる税金の計算方法を解説します。

この計算方法は少し複雑ですが、ルールが分かれば簡単なので、ひと通り目を通してください。

簡単な流れを説明すると

  1. オンラインカジノでの利益を把握する
  2. 一時所得を計算する
  3. 納税額を計算する

という流れになります。

 

オンラインカジノでの利益を把握する

あとで解説しますが、オンラインカジノで1年間の間で得た利益が50万円を超えない場合は、税金の申告する義務がありませんので、税金を払う必要もありません!

オンラインカジノではありませんが、今回は私が10万円を元手にオンラインバカラゲームのLUC888で稼いだ100万円を例に計算してみます。

≫ バカラ分析ツール Bmt4 の運用履歴【 5日で+100万円 】

 

利益 ⇨ 100万円

 

一時所得を計算する

ここはオンラインカジノの利益の計算方法の中でも重要な部分ですのでしっかりと覚えておいて下さい。

一時所得 = 総収入 - 総支出 - 特別控除額(最高50万円)

この計算式に当てはめて計算し、一時所得の金額を把握します

計算式の特別控除額50万円があるので、1年間の利益が50万円以下の場合は納税の必要はありません。

実際に100万円の利益、10万円の支出で計算すると

100万(総収入) - 10万(総支出) - 特別控除額(50万円)= 40万(一時所得)

 

この40万円が一時所得になります。

一時所得 ⇨ 40万円

 

納税額を計算する

では最終的な納税額がいくらになるのかを計算していきます。

納税額の計算方法をまとめると

( 給与所得  +  一時所得  /  2 )× 税率 − 控除額 = 納税額

となります。

例として、「年収300万円」の社会人が、私と同じように「40万円の一時所得」を出した時の計算をしてみましょう。

 

(300万円+40万円) /  2  =  170万円

この170万円が課税対象になります。

そして、そこから所得税の割合を出します。

出典:国税局HP 「No.2260 所得税の税率」

 

該当する税率が「195万円以下」なので、税率は5%になります。

170万円  ×  0.05  =  8万5000円

となり、この8万5000円が納税額になります。

納税額 ⇨ 8万5000円

 

まとめると、年収300万円の社会人がオンラインカジノ(今回はオンラインバカラゲーム)で、10万円を元手に100万円を稼ぐと、8万5000円の納税が必要ということになります。

 

税金が発生するタイミング

オンラインカジノの税金が発生するタイミングは、 毎年1月1日~12月31日のちょうど1年間に得た収入を、翌年の2月16日~3月15日で確定申告をします。

確定申告はオンラインや税務署に出向いて行います。この時に気をつける事は、申告は前年度の1年間が対象なので、申告する新しい年の1月からの収入は計算に入れない事です。

新しい年の収入は翌年の税金で払います。

オンラインカジノでの利益を把握する必要があると共に、本業の収入も把握しておく必要がありますのでご注意ください。

 

オンラインカジノの利益の確定申告方法が分からない方は税理士さんに依頼するのも手ですね。

 

まとめ

この記事では、オンラインカジノの税金について説明させて頂きました。

オンラインカジノの税金については詳しく知らない人も多いと思いますので、この機会にオンラインカジノで得た収入にかかる税金の計算方法をしっかりと覚えて下さい。

また他のギャンブルとは違い、納税を怠ると脱税になってしまうので、確定申告をして納税をして下さい。

 

オンラインカジノにかかる税金の事を知ることも重要です。

しかし、当然ですがオンラインカジノでの取引で利益が出なければ納税の必要はありません。

税金について知る前に、まずは利益の出し方を勉強しましょう。

今回の計算例でも使用しましたが、私がオンラインバカラゲームで利益を出しているので、利益を出したい方は是非ご覧ください。

≫ LUC888で遊ぶ5つの方法|5日で+100万円の実績も公開

 

オンラインカジノは日本で合法ではありませんので、注意点を理解した上で遊んでみて下さい。

オンラインカジノは違法なの?法律のグレーゾーンと言われる真相