Fifties Hacker 進め方のコツ

Fifties Hacker

Fifties Hackerは自動売買システムで
その名の通り自動で取引してくれます。

しかし、完全放置ではなく
システムで使う設定の
強み・弱みを知ることで、
裁量の知識を反映させて
(稼働するかしないか)
利益を上げていくことができます。

どれだけ優秀なロジックであっても
万能では無いので負ける時もあります。

その負けを裁量で回避する
というイメージです。

システムの特徴を説明しながら
強み・弱みの解説をしていきます。

 

Fifties hackerに関する記事は
下記をご覧ください。

Fifties Hacker
「Fifties Hacker」の記事一覧です。

 

 

システムの特徴

今回、Fifties Hacker で設定する
31&ダランベール法の特徴として
下記のことが挙げられます。

 

  • 9回取引を行う内に
    1回でも2連勝が発生しないと
    負けてしまう。
  • プレイヤーオンリーという
    BETパターン
  • ゼロベットが
    3ターン勝率50%に設定

 

ゼロベットとは、
指定ターン数の勝率が指定値以下の場合
次の取引でBETしない設定です。

この特徴から31&ダランベール法の
強み・弱みが分かります。

 

勝ちやすいテーブル(罫線)

バンカーの勝利が1回で終わって
プレイヤーが2連勝以上している罫線

 

バンカーも連勝しているが
プレイヤーの連勝回数が
バンカーより2回多い罫線

 

負けやすいテーブル(罫線)

テレコが続いている罫線
10回以上続くと負けやすい

 

プレイヤーの勝利が2回未満
バンカーが2連勝以上の罫線

 

 

このようにこのロジックの
勝てる罫線や負ける罫線にも
ある程度の規則性はあります。

プレイヤーオンリーで設定しているので
プレイヤーが出ていないテーブルや
バンカーばかり勝っているテーブルは
避けたほうが良いでしょう。

時間が取れるときは
なるべくシステムの稼働 / 停止を
頻繁に行えれば利益は上がります。

 

テーブルとANTの関係性

ANTがどのテーブルでBETするかは
ANT作成時に任意に振り分けられます。

テーブルの指定は出来ませんし、
ANT作成後にテーブルが変わる現象は
現状では確認できていません。

 

私の場合は

ANT① ⇨ C004
ANT② ⇨ C003
ANT③ ⇨ C001
ANT④ ⇨ C002
ANT⑤ ⇨ C003

このように振り分けられました。

C025とC026はあるのかな?
あったら教えて下さい。

 

テーブルの変更方法

テーブルの事前指定や
ANT作成後の変更は出来ませんが、
テーブルを変更することは可能です。

その方法は、ANTを削除すること。

ANTを削除し、再作成することで
新たにテーブルが振り分けられます。

その際のテーブル指定は出来ないので
ガチャ感覚ですね。

 

オススメの関係性

可能であればですが、
ANTとテーブルが重ならないように
振り分けられれば良いですね。

色んなテーブルでBETした方が
リスク面でも利益面でもメリットです。

AVT削除 ⇨ ANT再作成

これを繰り返して
振り分けることをオススメします。

 

テーブル状況(罫線)確認方法

これから稼働させるテーブルが
勝ちやすいのか負けやすいのか
判断する必要があります。

テーブルの状況を確認できれば
勝てそうか負けそうか判断可能です。

テーブル(罫線)の確認方法は
2つあるので説明していきます。

 

LUC888を開く

Fifties Hacker ではなく
まずはLUC888を開きます。

LUC888にログイン後に
「ホール」を選択すれば
各テーブルの状況を確認出来ます。

テーブルの右上を確認します。

 

Fifties Hackerで確認する

Fifties Hackerを開き
ANTを稼働させます。

ANTを稼働させれば
「テーブル閲覧を押します」

そうすれば稼働するANTの
テーブルを確認出来ます。

 

テーブルの状況が良ければ
ANTを稼働させたままにする。

テーブルの状況が悪ければ
ANTを停止させる。

このように対応して下さい。

ANTを停止させると
5分程度は再稼働できません。

 

まとめ

この記事では
今回のキャンペーン設定で
利益を出しやすくする方法の
説明をしてきました。

時間のある方は説明した方法で
稼働することをオススメします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました