Fifties Hacker

Fifties hacker(自動売買)でマーチンゲール法を使う方法

この記事では、Fifties hackerでマーチンゲール法を使う際の設定方法の説明をしていきます。

細かなメンテナンスは不要なので、基本的に放置したい方にオススメです。

 

Fifties Hackerに関して詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

Fifties Hacker【3週間で+25万円】の成果を出したロジックを公開!

 

Fifties Hackerにログイン

Fifties Hackerを使う場合は、LUC888に登録する必要があります。

下記の記事よりLUC888に登録すれば自動的にFifties Hackerに連結され無料で使用できるようになります。

≫ LUC888の始め方|登録方法から遊び方まで初心者に向けて解説

 

上記の記事よりLUC888に登録した情報を元にFifties Hackerにログインして下さい。

LUC888に登録した「メールアドレス」と「パスワード」でログイン可能です。

 

Fifties-Hackerにログイン

 

設定方法

設定方法の説明をします。

キャンペーン設定数値をご覧の上設定を進めてください。

画像と設定方法は異なる場合があるのでご注意ください

 

設定方法が分からない方は下記を参考に進めてください。

Fifties hacker 設定ガイド

 

キャンペーンを設定する

 

キャンペーンの基本設定は下記の通り設定して下さい。

キャンペーンは1つ設定します。

 

設定する項目

  • キャンペーン名:12マーチン
  • ロジック:12-Martingale
  • BETパターン:Market follower
  • 損切りモード:モード1

 

 

利確値、損切り値、ポイントレートはゲームチップの数量に対して最適な数値を入力する必要があります。

まずはポイントレートから決めていきます。

 

ポイントレートの決め方

ポイントレートは最初のBET額を何GCにするかを決める機能です。

ポイントレートは、Fifties Hackerに使うゲームチップ(GC)の数量によって決めます。

LUC888のGCをFifties Hackerに全て使う場合は全ての数量を基準に、LUC888に100万GCあり、その内の50万GCを使う場合は50万GCを基準に見て下さい。

 

GC数量 ポイントレート
200,000GC 1
400,000GC 2
600,000GC 3
800,000GC 4

※ 200,000GCずつ上昇する度にポイントレートを1上昇させます。

例えば、1,200,000GCの場合はポイントレート6になります。

500,000GCの場合は500,000GC以下の基準のポイントレート2に設定して下さい。

 

利確値と損切り値の決め方

上記の画像は12回マーチンを実施した際のBET額の一覧です。

赤枠で囲ってある「40,950GC」を基準に利確値と損切り値を決めていきます。

 

式:40,950×ポイントレート

この計算をして下さい。その答えが利確値と損切り値になります。

利確値と損切り値は同じ数字になります。

ポイントレートが1の場合は利確値と損切り値は40,950になります。

 

GCが200,000GCある場合の設定は下記のようになります。

キャンペーンの設定はこれで終了です。

 

ANTを追加する

 

ANTは4台になるように追加して下さい。

ANT名は下記の4つを入力して下さい。

  • V180
  • V028
  • V027
  • V003

 

適用するキャンペーンは全て「12マーチン」です。

 

GCチャージ

Fifties Hackerサイト内の右上のメニューバーをクリックし、「FGCチャージ」を選択します。

ここからGCをチャージ出来ます。

チャージする数量は「利確値と同じ」数量です。

例えば利確値が「40,950」なら全てのANTに「40,950GC」をチャージします。

4つ全てにチャージしても少しGCが余りますが、それでOK。

 

この作業はLUC888のGCを買ってから行って下さい。

当たり前ですが、GCが無い場合はチャージは出来ません。

 

テーブルを変更する

ANT名と同じテーブルを指定します。

 

上から3番目、メニュー欄の『ANT』からテーブルを変更するANTをクリックすると下記のような画面になります。

 

ANT名がV003のANTの場合はテーブル設定をV003にします。

V027の場合はV027というようにANT名とテーブル設定を合わせて下さい。

 

上記の操作をすれば、テーブルを変更することが出来ます。

テーブル変更後は必ず右側の保存アイコンを押して下さい。

 

ANTを稼働させる

 

Fifties Hackerの設定は以上になります。

 

進め方

利確、損切りがあった場合は登録したメールアドレスにメールが届きます。

利確した場合を損切りした場合の措置は異なります。

 

利確した場合

ペイアウトして再稼働させる。

この画像は稼働中なので出来ませんが、利確すれば停止中になりペイアウトが選択できるようになります。

利確値と同じ数量だけ残して、残りはペイアウトさせて下さい。

利確値が40,950GCの場合は、ANTの残高が40,950GCになるように。

 

損切りした場合

GCをチャージして再稼働させる。

チャージ方法やチャージ金額は「GCチャージ」で説明した内容と全く同じです。

 

利確、損切りした場合はこのように進めて下さい。

この進め方をただ繰り返すだけです。

 

収益の目安

上記の目安はポイントレート1の場合です。

全く同じ結果にはなりませんが、プラスとマイナスを繰り返して、結果的にプラスになると思います。

プラスの日は約24,000GCのプラス、マイナスの日は約16,000GCのマイナスになる予測です。

プラスとマイナスを1日おきに繰り返してもプラスになります。

 

 

この記事はこれで以上です。