Supreme(シュプリーム)ロジックの目安表

Fifties Hacker

この記事にシュプリームロジックの資金に対するキャンペーン数値の目安表を記載しておきます。

6月8日に搭載されたばかりで検証途中ですので、この目安表が変更される可能性もあります。

どのロジックでも同じですが、必ずプラスになる保証はありません。

 

※ポイントレート1(10GC)での目安表です。

例えばポイントレートを2にする場合は各数値を2倍に、3にする場合は各数値を3倍に、というように比例させて考えてください。

※各数値=チャージ額、利確値、損切り値

 

全体の投資金に対しての目安表になります。

投資金をC001〜C004の4つのテーブル(ANT)に振り分けた際の設定値の目安です。

ANTとテーブルの関係性については下記の記事をご覧ください。

Supreme(シュプリーム)ロジック

 

Fifties Hacker
「Fifties Hacker」の記事一覧です。

 

リスクヘッジ優先

資金が400,000GCの場合
チャージ額100,000
利確値100,000
損切り値100,000
ポイントレート1

 

例えばポイントレートを2にする場合は各数値を2倍に、3にする場合は各数値を3倍に、というように比例させて考えてください。

※各数値=チャージ額、利確値、損切り値

投資金200,000GCをC001〜C004の4つのANTに振り分ける(各100,000GC)際のキャンペーン数値になります。

リスクヘッジを優先としているので、投資金は400,000GC以上は必要と判断しました。

100,000GCしかない場合は1つのANTだけを稼働させるのもアリです。

投資金が400,000GCの場合は各数値とポイントレートを2倍にしても大丈夫ですが、検証中は上げ過ぎないようにご注意ください。

 

利益優先

資金が200,000GCの場合
チャージ額50,000
利確値50,000
損切り値50,000
ポイントレート1

 

例えばポイントレートを2にする場合は各数値を2倍に、3にする場合は各数値を3倍に、というように比例させて考えてください。

※各数値=チャージ額、利確値、損切り値

投資金100,000GCをC001〜C004の4つのANTに振り分ける(各25,000GC)際のキャンペーン数値になります。

 

例えば、リスクも利益も考えて、チャージ額を60,000GCや80,000GCにするのもアリです。

その際はご自身で検討してください。

 

投資金が400,000GCの場合は各数値とポイントレートを2倍にしても大丈夫ですが、検証中は上げ過ぎないようにご注意ください。

 

利益の目安

6月8日にシュプリームロジックが搭載されたばかりなので、稼働日数は少ないですがエビデンスは下記の画像になります。( 6/10  12:30  現在 )

ロジックはシュプリームプラスを選択しています。

※必ず同じ結果になるわけではありません。

 

 

この結果は『ポイントレート1』の結果です。

利益の目安は投資金に対してではなく、ポイントレートに対して決まります。

 

これまでは、『ポイントレート1』に対して『約2,500GC/日』の利益になっています。

この結果(利益目安)や前述の目安表を考慮してポイントレートや投資金、キャンペーン数値を決めてください。

 

まとめ

ここまでシュプリームロジックの資金に対するキャンペーン数値の目安表や利益予測を説明してきました。

6月8日に搭載されたばかりで検証途中ですので、この目安表が変更される可能性もあります。

 

私の判断では、このシュプリームロジックの期待値はかなり高いので、今後も検証を続けていきます。

このロジックで稼働させる価値はあると思うので、リスクヘッジをしながら稼働させてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました