Guiltradeでも必要なKYCとは?

マニュアル

Guiltradeがオープンし、LUC888のGC(ゲームチップ)をビットコインに出来るようになりました。

Guiltradeでの取引の流れでも記載されていますが、ビットコインを受け取るにはKYC提出が必要になります。

しかし、ビットコインの知識が無い方はKYCが分からない思います。

この記事ではKYCについて説明をしていきます。

 

KYCとは?

「KYC」(ケーワイシー)とは「Know Your Customer」の略で、金融サービスなどを提供する事業者が顧客の身元を特定し、身元確認のために取られる手続きのことです。

個人顧客向けのサービスにおいては一般的に、運転免許証やマイナンバーカードのような本人確認書類を用いた住所確認などが行われます。

KYCを一言で説明すると本人確認義務のことです。

金融機関や送金事業者などに求められる義務ですので、KYCの提出は絶対に必要です。

 

KYCの目的

KYCを提出する目的はいくつかありますが、その中でも大きな狙いはマネーロンダリングなどの犯罪を防止することです。

現在の日本では反社会的勢力に対する規制は大幅に強化され、銀行や証券会社の口座を作ることは実質的に不可能になっています。

この動きは反社会的勢力への資金の流れを規制することで組織の弱体化を狙っているためです。

しかし、仮想通貨/暗号資産のブロックチェーンにおいては管理者が不在であり、国や地域を問わず世界中のユーザーとインターネット上での取引が可能です。

従来の銀行口座のように資金の流れを金融機関は把握することができず、さまざまな犯罪に利用されるおそれがあります。

これを防ぐために、日本国内においては仮想通貨や暗号資産に関する法律が整備され、国内の仮想通貨・暗号資産取引所には口座開設時にKYCが義務付けられるようになりました。

 

まとめ

このようにGuiltradeでLUC888のGCをビットコインにする為にKYCの提出は必須になります。

KYC提出をすればビットコインを受け取ることが出来るので、必ず提出をして下さい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました