システムベット

パーレー法|FXやバイナリー、カジノで使われる手法を解説

バカラやルーレットなどのカジノゲームを始め、FXやバイナリーオプションなど様々な投資で使われるパーレー法というシステムベットがあります。

パーレー法は逆マーチンゲール法と呼ばれる事があり、その名の通りマーチンゲール法と逆の事をしていきます。

この言葉だけでは分かりにくいので、パーレー法の説明をしていきます。

 

パーレー法とは

パーレー法とは、勝つたびに倍額BETを行う方法です。

負ければ最初のBET額に戻ります。

マーチンゲール法と逆なので逆マーチンゲール法とも呼ばれます。

パーレー法は連勝が出来れば利益は大きいですが、再現率は低いです。

 

パーレー法の方法

勝つごとに2倍に賭け金を増やしていきます。

最初の賭け金を千円と設定し、1→2→4→8→16と増やしていき、全てのゲームに勝ったとすると5ゲームで310単位の利益を生みます。

連勝していくことで大きな利益を上げられるのが「パーレー法」なのです。

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 20 +30
3回目 40 +70
4回目 80 +150
5回目 160 +310

 

パーレー法は、勝ったら額を増やすので、負けたとしても負ける金額は少なくなります。

※パーレー法は連勝を必要としている為、再現率は低いので負ける確率は上がります。

例えば、5回目で負けたとしても最初のBET額分だけが損失となります。

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 20 +30
3回目 40 +70
4回目 80 +150
5回目 160 × -10

 

パーレー法の注意点

一度負けてしまうとそれまでの利益が無くなってしまう「パーレー法」。

使用する際の注意点は「連勝しているときにパーレー法を止める」ということです。

せっかく手にした戦果を水の泡にしてしまわないために「◯連勝で一度やめておく」と、または「ある程度の金額に達したら止める」などの決まりを自分の中に設けておくのが良いでしょう。

 

まとめ

この記事ではパーレー法(逆マーチンゲール法)の説明をしてきました。

パーレー法は流れを掴むと非常に有効で大きな勝ちを得られる一方で、その再現率は低くなります。

何度も連勝ができる方であればこの手法はオススメですが、勝率の低い方は使うべきポイントを精査する必要があります。

 

【 システムベット一覧 】

・マーチンゲール法(Martingale)

・パーレー法(Pare)

・31 System

・バーネット1326法(Burnett)

・ダランベール法(D’Alembert)

・グッドマン1235法(Goodman)

・モンテカルロ法(Monte Carlo)