バーストガード

Three for 3 BURST GUARD で必要になる「USDT」とは?

USDT

Three for 3 BURST GUARDでは、「USDT」という仮想通貨を使ってアイテムの売買を行います。

仮想通貨を扱ったことが無い方や、そもそもUSDTのことを知らないという方も多いと思います。

この記事では、USDT購入して、バーストガードサイトで使用する方法を解説します。

仮想通貨バブルが到来している今、仮想通貨の扱い方法は絶対に覚えておくべきです。

この機会に勉強しましょう。

 

USDTとは?

USDT(Tether)とは、米ドルに固定されたペッグ通貨で、価格は「1USDT≒1USD」になるように固定されています。

ペッグ通貨とは他の通貨の価値に連動させている通貨のことで、1ドル(USD)がほぼ1USDTになるように固定されています。

 

仮想通貨といえば、良くも悪くも価格変動が大きいことが特徴です。

しかし、USDTの価格は米ドルに固定されているので、大きな価格変動はありません。

  • 価値の大きな変化がない
  • 多くの取引所で基軸通貨として採用されている
  • 暗号資産(仮想通貨)市場で一番安定した利確先

 

USDTのチャート

上の画像がUSDTのチャート(価格の推移)です。

ドル/円の為替と連動して、価格が変動しています。

USDTの価値が上げしているのではなく、ドル/円の為替相場が影響しているだけというイメージです。

 

USDTの種類

  • ERC20 ← これを使う
  • Omni
  • TRC20

「USDT」は、管理されているブロックチェーンの違いにより3種類が存在します。

 

ERC20ベースのUSDT

イーサリアムのブロックチェーン上で発行されているUSDTが「ERC20」のUSDTです。

ETHプラットフォームを利用しているので、アドレスが「0x」から始まります。

Three for 3 BURST GUARDプロジェクトで使用する「USDT」は、この「ERC20」ベースのUSDTです。

 

OmniベースのUSDT

ビットコインのブロックチェーン上で発行されているUSDTが「Omni」のUSDTです。

BTCプラットフォームを利用しているので、アドレスが「1」または「3」で始まります。

 

TRC20ベースのUSDT

トロンのブロックチェーン上で発行されているUSDTが「TRC20」のUSDTです。

TRXプラットフォームを利用しているので、アドレスが「T」で始まります。

 

以上3種類が主に取り扱われている「USDT」です。

種類の違う「USDT」を送ることはできませんので、送り先の指定する「USDT」がどのUSDTであるかよく確認して対応しましょう。

 

USDTを購入する方法

※ BTC:ビットコイン

USDTを購入するには、国内の仮想通貨取引所「ビットフライヤー」と海外運営の仮想通貨取引所「バイナンス」の2つに登録する必要があります。

国内の仮想通貨取引所ではUSDTを取り扱っていないので、海外の仮想通貨取引所も使う必要があります。

海外の仮想通貨取引所では銀行振込が出来ないので、このように作業する必要があります。

 

ビットフライヤーに登録する

今回はビットフライヤーを例にご説明しますが、ビットフライヤー以外の取引所でもBTCの購入は可能です。

ご自身の好きな取引所をお使いください。

≫ビットフライヤーに登録する方法

 

バイナンスに登録する

バイナンス

当サイトでオススメする「USDT」を取り扱っている海外の取引所は「バイナンス」です。

バイナンスは「ユーザー数/月間取引高」で世界有数の規模を誇り、圧倒的な取扱通貨の豊富さに定評があることで知られています。

まだ登録していない方は、下記の記事を参考に「バイナンス」にご登録下さい。

≫バイナンス|登録からセキュリティ設定まで画像付きで解説

 

バイナンス以外にも、USDTを取り扱っている海外の仮想通貨取引所はあります。

バイナンス以外の取引所を使いたい方は、ご自身で調べてご登録下さい。

 

USDTを購入する

ビットフライヤーに入金し、BTCを購入します。

そのBTCをバイナンスに送金し、BTCでUSDTを購入する流れです。

≫ビットフライヤーのBTCをバイナンスに送金してUSDTを購入する方法