Bitget

Bitgetの確定申告について解説します

確定申告という言葉を知っていても、実際に何を知れば良いのか?分からないことも多いと思います。

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引により、一定以上の利益が出た場合は確定申告をする必要があります。

確定申告が必要になるのは、Bitgetを利用した際も変わりません。

この記事では、確定申告の基礎知識からBitgetで利益が出た場合の確定申告方法などを解説します。

 

確定申告とは

確定申告とは、1年間の所得(売上ー経費)をまとめて、所得にかかる税金を計算し、国(税務署)に納めるべき税金を報告し、納税(税金を支払う)する手続きのことです。

 

確定申告をする時期

確定申告は1年に1回行うもので、1月1日~12月31日の所得と納める税額を計算します。

翌年の2月16日~3月15日の間に税務署に報告・納税します。

 

確定申告が必要になる人

下の7点のいずれかに該当する人は、確定申告をする必要があります。

①給与の年間収入金額が2,000万円を超える人

②1ヵ所から給与の支払いを受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

③2ヵ所以上から給与の支払いを受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

④同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人

⑤災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人

⑥源泉徴収義務のない者から給与等の支払いを受けている人

⑦退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人

 

会社員の方がBitgetなどの仮想通貨取引の確定申告をする場合、②のケースが該当することが多いです。

 

確定申告のやり方

  1. 確定申告に必要な書類の準備
  2. 確定申告書等の作成・提出
  3. 税金の納付

 

① 確定申告に必要な書類の準備

確定申告の申告内容に応じて、給与所得や公的年金等の源泉徴収票、医療費の領収書等の必要書類を準備します。

 

② 確定申告書等の作成・提出

所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税、贈与税の申告書や青色申告決算書などは、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で作成することができます。

近くの税務署に行って申告書をもらう事も出来ます。

 

③ 税金の納付

納税の方法は下記の5通りあります。

  • QRコードを利用したコンビニ納付
  • e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用して電子納税
  • 振替納税
  • クレジットカード納付
  • 窓口納付

自分に合った方法を選択して納税しましょう。

 

仮想通貨の確定申告について

 

仮想通貨の利益も確定申告が必要

Bitgetなどで仮想通貨の取引をして、一定以上の利益が出た場合は確定申告をする必要があります。

確定申告義務の有無は、他の要件で確定申告義務が発生しない限り、給与所得のある会社員の場合と、給与所得のない人の場合でそれぞれ異なります。

  • 給与所得のある会社員
    仮想通貨の取引で、年間20万円を超える利益が生じた場合は確定申告が必要。
  • 給与所得がない人
    仮想通貨によって生じた利益・給与所得・退職所得以外の所得金額の合計が年間38万円を超える場合は確定申告が必要。

 

確定申告が遅れるとどうなるの?

仮想通貨での利益が一定以上あったのに確定申告をしないとどうなるのでしょうか。

単なるうっかりミスで忘れていた場合でも延滞税はかかってしまいます。

延滞税とは利息に相当するもので、法定納期限の翌日から納付する日までの日数に応じてその税率が定められています。

 

せっかくBitgetなどの仮想通貨取引で利益を上げても、遅れてしまうと延滞税と加算税で納税額の2割ほどの余計な税を払わなければなりません。

期限を過ぎても自発的に早期に申告すれば、延滞税や加算税の負担が軽くなることがあります。

まずは3月15日の締切厳守のうえ、どうしても遅れてしまったら即税務署に相談するべきでしょう。

 

仮想通貨取引で課税対象となる所得が発生するタイミング

ここまで解説してきたように、Bitgetなどの仮想通貨取引を行う中で発生した所得ある場合には確定申告が必要となる可能性があります。

では仮想通貨取引による所得はどのタイミングで発生するのでしょうか?

3つの例を使い、詳しく解説していきます。

 

仮想通貨を売却した

仮想通貨を売却した時点で所得が発生します。

売却したときの価格と購入したときの価額との差額が所得額となります。

 

仮想通貨で買い物をした

仮想通貨で買い物をする際は、仮想通貨で支払いをした時点で所得が発生します。

これは仮想通貨を一度売却し、日本円に換金してから商品を購入するという取引と同じ扱いになるためです。

そのため、支払いに利用した仮想通貨の時価が購入時よりも上がっている場合はその差額が所得となります。

 

仮想通貨で他の仮想通貨を購入した

ビットコインで他の仮想通貨を購入するなど、仮想通貨同士を交換した際に所得が発生する場合があります。

この取引においても、「仮想通貨で決済したとき」と同じように、仮想通貨を一度売却して日本円に換金してから他の仮想通貨を購入するという取引と同じ扱いになります。

 

Bitgetのコピートレードの確定申告について

仮想通貨取引所では、仮想通貨を購入し価格が上昇した時に売却することで利益を出すことが出来ます。

Bitgetでは仮想通貨の先物取引(証拠金取引)をすることや先物取引のコピートレードも可能です。

Bitgetの先物取引では、「購入〜保有〜売却」という流れとは異なります。

このような先物取引(コピートレードも含む)では、「確定申告方法は異なるのか?」と疑問に思う方も多いでしょう。

ここからはBitgetの先物取引で利益が出たときの確定申告方法について説明していきます。

 

Bitget コピートレードの所得区分

Bitgetのコピートレードは先物取引(証拠金取引)は、仮想通貨の取引と同様に「雑所得」になるという回答が多かったです。

 

回答①:税理士ドットコム

現物取引でも先物取引でも課税になるタイミングは、ビットコインが増えた時(正確にはビットコインをその時のレートで円換算し、円ベースでの資産が増えた時)です。

仮想通貨の取引による所得は雑所得となります。
よって、2019年に利益が出た場合、2018年の損とは関係なく、2019年の利益(雑所得)に対して課税されます。

引用:税理士ドットコム

 

回答②:クリプトリンク

仮想通貨の証拠金取引による所得については、申告分離課税の適用はありませんので、総合課税として申告していただくことになります。
仮想通貨は取引所で所在を判定するのではなく、通貨保有者の居住地で判定しますので、国内の取引所・海外の取引所というのは勘案しません。

外国為替証拠金取引(FX)は租税特別措置法上の金融商品先物取引等に該当するとされていますが、仮想通貨による証拠金取引は該当せず、申告分離課税を適用することができません。

仮想通貨取引は、現物取引・証拠金取引ともに雑所得(原則)・総合課税となります。

引用:クリプトリンク

 

まとめ

この記事では、Bitgetで利益が出た場合の確定申告方法について解説しました。

Bitgetを含む仮想通貨取引では、一定以上の利益が出た場合に確定申告が必要になる場合があります。

Bitgetで利益が出たのに確定申告をしないと、大きなペナルティがあります。

必要であれば税理士に相談の上、確実に確定申告を行いましょう。

 

Bitgetメニュー