LINE@ 変更のお知らせ

2021年3月1日より、当サイトの公式LINE@を変更します。

 

オンラインカジノ

ブラックジャックのルールと攻略方法を解説|オンラインカジノで遊ぼう

ブラックジャック

カジノやオンラインカジノで遊べるゲームの中に、ブラックジャック(BJ)というゲームがあります。

カジノゲームの中では有名なゲームなので、ブラックジャックという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

この記事ではブラックジャックのルールやゲームの流れなどを解説しているので、ブラックジャック で遊びたい方は読んでみて下さい。

 

ブラックジャックのルール

ブラックジャックとは、プレイヤー(自分)とディーラー(親)の『 1 対 1 』の勝負でトランプの合計数字が21に近い方が勝ちとなるカードゲームです。

下記の画像の場合、プレイヤー(自分)が21、ディーラー(親)が19なので、21に近いプレイヤー(自分)が勝ちとなります。

 

必ずプレイヤー(自分)から手を確定させ、全員完成してからディーラーの番になる為、21を越えた場合は、バーストと呼び、無条件で負けが確定します。

※ディーラー(親)がバーストでも、先に負けが確定してる為、引き分けにはなりません。

 

下記の画像の場合、プレイヤー(自分)の負けが確定しているので、ディーラー(親)がトランプを引くことはありません。

「バースト=負けが決定」です。

 

カードの数え方

”2~9”まではそのままの数字で数えます。2が出たら2点、8が出たら8点です。

”10・J・Q・K”は「すべて10点」と数えます。

”A”(エース)は「1点」もしくは「11点」のどちらに数えても構いません。

ちなみにブラックジャックでは、ジョーカーは除かれています。

 

ブラックジャックの配当

  • 勝てば 2倍
  • ブラックジャックで勝てば 2.5倍

ブラックジャックとは、”10・J・Q・K”のどれかと「A」の組み合わせの事。

ブラックジャック(2枚で21)と、3枚以上で21を作った場合では、ブラックジャックが勝ちになります。

さらに、ブラックジャック同士の場合は引き分けでは無く、ディーラーの勝ちになります。

 

使用する主な道具

  • カード
    ブラックジャックでは一般的なトランプが使われます。
  • カードシュー
    トランプが入っている箱です。カジノによってデッキ数は異なりますが、オンラインカジノでは8デッキが多いです。
  • チップ
    ランドカジノでは主に、丸いコインを使用し、高額になると四角いプレートを使用します。
    オンラインカジノでは丸いコインが一般的です。

 

ブラックジャック基本用語と合図

・ブラックジャック
「10,J,Q,K」のどれかと「A」の組み合わせの事

・ディール
カード(トランプ)を配るという意味。

・アップカード
ディーラーの開いてるカードの事。

・ホールカード(ダウンカード)
ディーラーの伏せているカードの事で、最初にこれがないものを、ノーホールカードと呼びます(プレイヤーが全員スタンド後に、2枚目が引かれます)

・ベット
目の前のボックス(枠線、サークル)に、チップを賭ける事。

・ハンド
自分のカードの事。

※ハードハンド
「A」を1と数える場合、又は「A」を含まない手

※ソフトハンド
「A」を11として数える場合。

・ヒット(ドロー)
1枚カードを追加する。21を越えるまで何度でもOK

ヒットと言うか、テーブルを軽く叩く。

・スタンド(ステイ)
これ以上引かずに勝負する、手の完成を意味します。

スタンドやステイと言うか、テーブルの上で、手のひらを下にして左右に振る。

・ダブルダウン
次に1枚だけ引いて終わりにする事を条件に、最初に賭けたチップと同額を追加ベットする方法。※ブラックジャックが完成してる場合は不可

ダブルやダブルダウンと言い、追加チップを置きます。

・スプリット
最初の2枚が、ゾロ目(同じ数)の場合、最初に賭けたチップと同額を追加ベットし、カードを2つに分け、それぞれに2枚目以降を追加する方法。

スプリットと言って、追加チップを置きます。

 

ブラックジャックの進行

  1. カジノディーラー(親)からの『プレイスユアベット』(賭けてください)の合図でゲームがスタート。
  2. ベッティングエリアにチップをBETする。
  3. カジノディーラー(親)からの『ノーモアベット』(締切です)の合図でBET締め切りです。
  4. カジノディーラー(親)がカードを2枚ずつ配ります。
  5. カジノディーラー(親)が各プレイヤーに対してカードの追加を行うか(アクション)を聞いていきます。
    a. カードを追加する場合は、ヒットを選択する。
    カードは何枚でも追加(ヒット)できますが、21点を越えてしまうとその時点で負け(バースト)となります。
    b. 手持ちの点数が十分だと思ったらスタンドを選択し、その点数のままでディーラーと勝負することになります。
  6. プレイヤー全員が選択を終えた後、最後にディーラーがカードをめくり、17点以上になるまでカードを引き続け、勝負となります。(ディーラーが21点以上になった場合は、ディーラーの負けとなり、バーストしていないプレイヤーが全員勝利となります。)
  7. ディーラーよりも21点に近いプレイヤーは勝ちとなり、賭け金と同額の配当を得ることができます。 逆にディーラーよりも21点に遠いプレイヤーは負けとなり、賭け金は没収されます。

 

まとめ

ブラックジャックはバカラやスロット等と違い、う1枚引くかどうかの選択権が有る為、知識と経験を活かせるスキルゲームと呼ばれ、頭脳を使った駆け引きが好きな方に愛されています。

しかも、ディーラーには「点数が16以下の場合、絶対に3枚目を引かなければならない」というルールがある為、バースト(21を超えたら負け)の確率が高くなり、勝つ確率が高い事も、愛される理由の1つです。

 

頭を使って戦略を立てたい方にはブラックジャックをオススメします。

楽しみながらブラックジャックで遊んでみて下さい。