Bitget

Bitgetの追証(おいしょう)について解説します

Bitgetのコピートレードをする際に心配になるのが「追証があるのかないのか」問題だと思います。

先物取引を経験したことがある方は追証の存在をご存知だと思いますが、先物取引をしたことがない方は、追証の読み方すら分からないと思います。

この記事では、追証の意味からBitgetで追証があるのかないのかを説明します。

 

Bitgetには追証がない

結論から説明します。

Bitgetには、追証(おいしょう)はありません。

追証がないので、Bitgetで元金以上の損失が出ることはありません。

仮想通貨初心者の方や先物取引初心者の方にとっては、Bitgetに追証がないのは安心材料に1つになりますね。

 

追証とは?

追証(おいしょう)とは「追加保証金」の略称で、保証金を追加で差し入れなければならない状態のことです。

仮想通貨取引所(今回はBitget)で先物取引を行う場合、仮想通貨取引所に保証金(元金)を預けます。

そして、この証拠金が取引の損失などによって、保有中のポジション金額に対して一定割合未満に減少した場合、仮想通貨取引所から証拠金を追加で入金するよう要求されます。

これが仮想通貨の先物取引における追加証拠金です。

 

Shoya
Shoya
簡単に言うと「元金以上の損失が出たから入金してね」ということです。

 

追証が発生しやすいタイミング

追証が発生しやすいタイミングは、相場が急変した時です。

仮想通貨の先物取引の場合ならビットコインの価格が急上昇・急降下したタイミング、FXの場合なら為替相場が急上昇・急降下したタイミングです。

相場が大きく動くということは、大きな利益が出る反面、大きな損失が出る場合もあります。

大きな損失が出た場合、追証が発生しやすくなります。

 

追証を防ぐには

追証を防ぐには、証拠金(元金)を増やしたり、両建てを行ったり方法は色々ありますが、一番効果的なのは損切り設定をしておくことでしょう。

損切り設定を行うことで、損失が出て追証が発生する前に決済されます。

元本以上の損失を出さないために、必要以上の損失を出さないために、損切りの設定は必ず行いましょう。

 

Bitgetに追証がない理由

Bitgetを含め、先物取引が出来る取引所や会社の中には、追証が発生しないケースが多くあります。

Bitgetで追証が発生しない理由は、追証が発生する前にロスカットされるからです。

 

ロスカットとは

ロスカットとは、ユーザーの損失を限定し、元金の大幅な減少を防ぎ、元金以上の損失が発生しないようシステマティックにポジションの決済を行う制度です。

ロスカットが設けられていないと、預けた元金(証拠金と同義)を全額失うばかりか、追加で資金を払わなければならないこともあります。

Bitgetでは取引で損失が出て追証が発生する前に、Bitget側が強制的にロスカットをします。

 

ロスカットの計算方法

ロスカットの計算方法は、以下の通りです。

ロスカット = 必要保証金×100%

例えば、以下のような条件で計算を行います。

  • 取引単位:1,000通貨
  • 必要保証金:4,000円
  • ロスカット:100%

計算式は、以下の通りです。

4,000円×100%=4,000円

つまり、保証金が4,000円を下回るとロスカットされます。

このように、計算によってどれくらいの損失を出すとロスカットが執行されるのかを求めることができます。

 

追証で借金をしやすい人の特徴

Bitgetに追証はありませんが、FXでは追証がある取引所も多くあります。

本来であれば、比較的安全な投資と言われるFX。

そんなFXで追証が原因で借金を繰り返してしまう人には、いくつかの共通点があると言われています。

FXを例に特徴をあげますが、この共通点に当てはまる方はBitgetで損失を出しやすいです。

自分が当てはまっていないかチェックしましょう。

 

① 感情に流されてしまう

人間はお金が関わると感情的になりやすいです。

利益が出ている時は余裕がありますが、損失が出て含み損を抱えている時は特に感情的になりやすいです。

感情的になり損切りを出来なかったり追加で同方向の注文をしてしまうと、追証が発生しやすいです。

簡単ではありませんが、損失が出ている時ほど冷静に対処しましょう。

 

② ハイリスクハイリターンのギャンブルが好き

BitgetのコピートレードやFXなどでは、レバレッジをかけることが出来ます。

レバレッジをかけることで元金以上のお金を動かせるメリットがあります。

レバレッジを高く設定することで、利益が大きくなりやすい反面、損失も大きくなりやすいです。

このようなハイリスクハイリターンで取引していれば、損失が出たときに追証が発生しやすいです。

投機(ギャンブル)ではなく、投資をしましょう。

 

③ ビギナーズラックで儲けを手にした初心者

投資で1番厄介なのが、成功体験です。

投資を始めたばかりの初心者の中には、運良く予測が当たり利益が出ている方もいます。

この成功体験にすがり「次こそは予測が当たる」と、根拠のない自信で取引してしまうと負けがかさんで追証が発生しやすいです。

運良く利益が出たとしても、初心を忘れず取引しましょう。

 

まとめ

この記事では、Bitgetに追証はあるのかないのか、そもそも追証とは何なのか?などの解説をしました。

Bitgetには追証はないので元金以上の損失が出ることはありません。

 

また、記事内では「追証で借金しやすい人の特徴」も解説しました。

Bitgetには追証が無いので借金をすることはありませんが、この特徴に当てはまっている方は、Bitgetで損失を出しやすくなります。

自分の性格を理解した上で、注意してBitgteで取引しましょう。

 

Bitgetメニュー