Fifties Hacker

Fifties hackerの詳細設定「ゼロBET・LOOK」を解説

Fifties Hacker ゼロベット

LUC888で使えるオートベッティングシステム「Fifties hacker」には、詳細設定機能の「ゼロBET」と「LOOK」機能があります。

この2つの機能を使ったことがある方もいると思いますが、初めてFifties hackerを使う方は設定方法すら分からないと思います。

そこでこの記事では、Fifties hackerの詳細設定「ゼロBET」と「LOOK」機能について説明をしていきます。

 

そもそもFifties hackerを知らない方は、下の記事をご覧ください。

≫ Fifties Hackerおすすめロジック|3週間で+25万円の実績公開

 

Fifties hacker の詳細設定とは?

Fifties hackerの詳細設定では、

  • ゼロベット
  • LOOK(ルック)

の2つ機能を設定することが出来ます。

 

詳細設定を使うメリット

Fifties hackerの基本設定はどのようにBETするかを設定する機能ですが、詳細設定はBETしない設定が出来る機能になっています。

 

例えば、Fifties hackerの基本設定でプレイヤーオンリー/マーチンゲールロジックを選択したと仮定します。

プレイヤーオンリー(プレイヤーにだけBETする)の設定でバンカーが連続で出てしまうとすぐに損切りしてしまいますよね。

しかし、詳細設定(ゼロBET)を使えば、そのような状況を避けることが出来ます。

簡単に負けることのない設置にする為に、「ゼロBET」や「LOOK」といた詳細設定をすることも重要です。

 

詳細設定 ゼロBETを解説

Fifties hackerの詳細設定の1つ目「ゼロBET」とは、指定の「ターン数」と「勝率」でゼロBETにする(BETしない)という機能になります。

例) 直近ターン数:10 勝率:30(30%)

10ターンの勝率が30%以下になった時、次ターンのBET額を0にします。

 

ゼロベットの詳細設定機能を使うことによって勝率が悪いときはBETしない設定にできるなど、使い方によってはかなり優秀な機能になります。

そのゼロBET機能に2つのモードが搭載されているので、各モードの説明をしていきます。

 

ゼロBET モード1

ゼロBETのモード1は、ゼロBET中もBETパターンが変動します。

BETサイドを切り替えるタイプ(MarketFollowerやContrarian、BPBPなど)で ゼロBET中も同じ動作を行い、勝率を判定します。

ゼロBET中のBETパターンはUSER視点から把握しやすいです。

 

ゼロBET モード2

ゼロBETのモード2は、ゼロBET中はBETパターンが固定されます。ゼロBETが発動した際、直前のBETサイドで固定され勝率を判定します。

ゼロBET中のBETサイドが固定されることにより、出目とBETパターンの流れが合わなかった所を回避します。

ただし、固定されたBETサイドによってはその後の出目と流れが合わず、ゼロBETが長引く場合もあります。

 

ゼロBETの設定方法

  1. キャンペーン設定をクリック
  2. ゼロBETを設定するキャンペーンを選択
    新しいキャンペーンに設定する場合は、キャンペーン追加をクリックする
  3. 詳細設定をクリック
  4. ゼロBETのターン数・勝率・モードを設定する

 

ゼロBETを使うときの注意点

ゼロBETは、使い方によっては優秀な機能ですが、使い方に注意点もあります。

ゼロBETは、勝率が悪くなればBETを見送る機能です。

勝率が良い時と悪い時が、ある程度の間隔がある場合は有効に機能します。

しかし、勝率が良い時と悪い時の間隔が狭い(短い)場合は、勝率の悪い時に多くBETされるケースもあります。

 

有効に機能しないケース

例えば、プレイヤーオンリーの基本設定で、以下のようにゼロBETを設定したと仮定します。

  • ターン数:4
  • 勝率:50%

直近の4ターンで勝率が50%未満になった場合、BETを見送る設定になっています。

 

出目 勝敗 勝率(4ターン)
B
B
P
P 50%
次ターンBET
B 負け 50%
次ターンBET
B 負け 50%
次ターンBET
B 負け 25%
次ターン見送り
P 25%
次ターン見送り
P 50%
次ターンBET

 

上表のように、ゼロBETの設定と基本設定が上手く噛み合わない場合、勝てないケースもあります。

 

詳細設定 LOOKを解説

Fifties hackerの詳細設定の2つ目「LOOK」とは、設定した確率でBETを見送るという機能です。

例えば、LOOKの数値を「50%」と設定すれば「2回に1回」の確率でBETが見送られます。

LOOK機能でBETが見送られるのは完全にランダムなので、あまり使う機会は無いです。

LOOKよりゼロBETの方が使う機会は多くなると思います。

 

LOOKの設定方法

  1. キャンペーン設定をクリック
  2. ゼロBETを設定するキャンペーンを選択
    新しいキャンペーンに設定する場合は、キャンペーン追加をクリックする
  3. 詳細設定をクリック
  4. LOOKに数値を入力する
    (0〜100の範囲で入力しましょう)

 

まとめ

  1. ゼロBETとは、指定の「ターン数」と「勝率」で BETしないという機能
  2. LOOKとは、設定した確率で BETしないという機能

 

この記事では、LUC888で使えるオートベッティングシステム「Fifties hacker」に搭載されている詳細設定「ゼロBET」と「LOOK」機能と各モードに関して説明をしてきました。

基本的にはゼロベットだけを使えば良いと思います。

自分が選択したロジック、BETパターンから最適な設定をして下さい。

 

LUC888に関する情報は下記の記事にまとめてありますので、こちらもご覧ください。

≫LUC888で稼ぐ5つの方法|5日で100万円を稼いだ方法も公開