バーストガード

ビットフライヤーに登録する方法

Three for 3 BURST GUARDに参加するには、ビットコインを使ってUSDTを購入する必要があります。

この記事では、ビットコイン購入時に使う仮想通貨取引所「ビットフライヤー」に登録する方法を解説します。

 

メールアドレスを登録する

公式サイトにアクセスし、赤い囲みの部分にメールアドレスを入力します。

 

メールアドレス入力後、無料登録ボタンをクリックすると、確認メールが入力したメールアドレスに送信されるので、メールボックスをご確認ください。

 

メールアドレスを認証する

メール内に記載されているリンクをクリックします。

その後、パスワードを入力するのでメモなどに控えておいてください。

 

パスワード入力後、同意事項を確認の上、チェックボックスにチェックを入れます。

 

2段階認証の登録を行う

2段階認証は、セキュリティを強化するためにも必ず設定する必要があります。

2段階認証に使用する確認コードを取得する場合、

  • 携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で受け取る方法
  • 認証アプリで受け取る方法

2種類がありますので、どちらかを選択してください。

 

携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で受け取る場合

携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で受け取る場合、ご自身の携帯電話番号を入力し「次へ」をクリックします。

携帯電話に送信されてきた確認コードを入力し「認証する」ボタンをクリックします。

 

認証アプリで受け取る場合

3種類のアプリから1つのアプリを選び、「次のステップへ進む」ボタンをクリックします。

「Google Authenticator」が比較的多く利用されています。

 

認証アプリでQRコードをスキャンして取得した確認コードを入力します。

認証アプリで受け取る場合の2段階認証設定はこれで完了です。

 

本人情報登録を入力する

ビットフライヤーTOPページのホーム画面にある「設定」から本人情報登録を入力します。

入力する内容は、自分の名前や生年月日、住所などの情報です。

 

本人確認資料を提出する

本人情報の登録が完了後、本人確認資料を提出します。

ビットフライヤーでは、

  • クイック本人確認
  • 対面での本人確認

の2種類の方法で本人確認を行うことができます。

 

クイック本人確認とは?

スマートフォンで本人確認書類と顔の写真・動画を撮影するだけで、オンライン上で本人確認が完了する方法です。

登録された本人情報と本人確認書類の内容が一致していれば、最短で申込み当日に本人確認審査が完了し暗号資産の取引が可能となります。

 

対面での本人確認とは

対面での本人確認は、ビットフライヤーから送られてきた本人確認に必要なレターを受け取り、本人確認を行う方法です。

事前に指定しておいた本人確認書類を用いて、本人確認を行います。

本人確認書類は、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードの3つから選択します。

 

入出金に使用する銀行口座の登録を行う

ご自身の銀行口座を登録し、日本円を入金することで暗号資産取引が可能になります。

 

まとめ

最後に住所確認のため数日後、自宅にハガキが郵送されてきます。

これで本人確認は完了となり、全ての取引が使用可能となります。