システムベット

31システム法|フィフティーズハッカーのロジックを解説

資金管理

バカラやルーレットなどのカジノゲームを始め、FXやバイナリーオプションなど様々な投資で使われる31システム法というシステムベットがあります。

31システム法は少しややこしいですが、リスクは少ない手法です。

今回はその31システム法について説明をしていきます。

 

31システム法とは

31システム法は他のシステムベットとは異なり、最初に「31」と言う決まった額を用意します。

「1,1,1,2,2,4,4,8,8」という順番に賭けていく手法になります。

この9回を合計すると「31」になることから、31システム法と呼ばれています。

回数 BET額 累計額
1回目 1 1
2回目 1 2
3回目 1 3
4回目 2 5
5回目 2 7
6回目 4 11
7回目 4 15
8回目 8 23
9回目 8 31

 

メリット

31システム法の特徴は、9回のうち1回でも2連勝すると少額の利益を獲得します。

自分の腕に自信のない方でも、9回にのうちに2連勝することは難しくありません。

もし最初から最後まで負け続けても「31」を失うだけなので、大きな損失が出る心配もありません。

 

デメリット

31システム法は、パーレー法グッドマン1235法のように、大きく勝つということはありません。

コツコツとプラスを重ねる手法になるので、ギャンブルを楽しむ手法には向かないかもしれません。

良くも悪くも「地味な手法」です。

 

Fifties Hackerで使うことも出来る

LUC888の公式オートベッティングシステム「Fifties Hacker」で、31システム法を使うことも出来ます。

31システム法とダランベール法を活用した「31ダランベール法」を使って、3万円が3週間で28万円まで増えました。

その結果も下記の記事で公開しています。

≫ Fifties Hackerとは?3週間で+25万円の最強ロジックを公開!

 

31システム法の方法

31システム法は他の賭け方とは異なり、最初に31と言う決まった額をゲーム数毎に分けて準備する、特殊なベッティングシステムです。

いきなり31も用意すると聞くとリスクが高そうなイメージがありますが、これをゲーム数9回分に分ける事でリスクを分散させています。

 

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 1 × −1
2回目 1 × −2
3回目 2 × −4
4回目 2 −2
5回目 4 +2
6回目 1 +3

 

9回のうち1回でも2連勝すると少額の利益を獲得するという特徴を検証してみましょう。

今回は例として、

  • 3回目と4回目で連勝した時
  • 8回目と9回目で連勝した時

で説明します。

 

3回目と4回目で連勝した時

回数 BET額 結果 損益 累計損益
1回目 1 × −1 −1
2回目 1 × −1 −2
3回目 1 +1 −1
4回目 2 +2 +1

 

3回目と4回目で連勝した時は、+1だけですがプラス域になっています。

 

8回目と9回目で連勝した時

回数 BET額 結果 損益 累計損益
1回目 1 × −1 −1
2回目 1 × −1 −2
3回目 1 × −1 −3
4回目 2 × −2 −5
5回目 2 × −2 −7
6回目 4 × −4 −11
7回目 4 × −4 −15
8回目 8 +8 −7
9回目 8 +8 +1

 

8回目と9回目で連勝した時も、+1だけですがプラス域になっています。

途中で大きく負け越していますが、2連勝するだけでプラスになるまで取り戻せています。

 

31システム法の注意点

31システム法は少し難しい方法ですが、 大きく資金を減らさず、守りながら少しずつ増やしていく方法です。

仮に9回の内、連勝しなかった場合も準備した金額以上の負けの心配はありません。

しかし、負け続けてしまうと大きな損失に繋がりますので、注意してください。

 

まとめ

この記事では31システム法についての説明をしてきました。

31システム法は少し難しい方法ですが、ローリスクローリターンの考えの人にはオススメできます。

 

【 システムベット一覧 】

・マーチンゲール法(Martingale)

・パーレー法(Pare)

・31 System

・バーネット1326法(Burnett)

・ダランベール法(D’Alembert)

・グッドマン1235法(Goodman)

・モンテカルロ法(Monte Carlo)