システムベット

バーネット1326法|フィフティーズハッカーのロジックを解説

資金管理

バカラやルーレットなどのカジノゲームを始め、FXやバイナリーオプションなど様々な投資で使われるバーネット1326法というシステムベットがあります。

バーネット1326法はシステムベットの中ではあまり有名ではないですが、今回はそのバーネット1326法の説明をしていきます。

 

バーネット1326法とは

バーネット1326法とは、勝つたびに最初の掛け金に対して3倍、2倍、6倍の掛け金をBETしていく方法です。

最初の掛け金が1の場合、勝った時の順番は1⇨3⇨2⇨6の順番に掛けます。

一度負けたとき、4連勝した時は最初のBET額に戻ります。

 

メリット

バーネット1326法は、パーレー法のように勝てばBET額を上げる手法ですが、パーレー法に比べてBET額の増加が緩やかです。

パーレー法では連勝していても1度負けたらマイナスになりますが、バーネット1326法は途中で負けても「±0」、状況によってはプラス域になります。

また連勝し続ければ、大きくプラスになるという特徴もあります。

 

デメリット

① 勝ち負けを交互に繰り返すと利益が出ない

バーネット1326法では、勝ち負けを繰り返していると利益が出ません。

回数 BET額 勝敗 損益 累計損益
1回目 1 +1 +1
2回目 3 × −3 −2
3回目 1 +1 −1
4回目 3 × −3 −4

上の表のように、バーネット1326法で1勝1敗を繰り返しても損失が増える一方です。

バーネット1326法を使う際は、最低でも2連勝は出来るようにしましょう。

 

② 3連勝しても4回目で負ければ利益が出ない

バーネット1326法では、3連勝しても4回目で負ければ「±0」になります。

回数 BET額 勝敗 損益 累計損益
1回目 1 +1 +1
2回目 3 +3 +4
3回目 2 +2 +6
4回目 6 × −6 ±0

上の表のように、バーネット1326法の4回目で負けてしまうと3連勝が無駄になります。

バーネット1326法を使うときは、せっかくの3連勝が無駄にならないように、特に3連勝後の4戦目は固いポイントでBETすることをオススメします。

 

バーネット1326法の方法

最初のBET額を10に設定した場合、勝てば次に30をBET。30でも勝てば次に20をBET。20でも勝てば次に60をBET。

途中で負けた場合や60まで行って勝った場合は最初のBET額の10に戻ります。

 

バーネット1326法のシミュレーション

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 30 +30
3回目 20 +60
4回目 60 +120
5回目 10 × +110
6回目 10 +120

 

フィフティーズハッカーに搭載されている

Fifties Hackerに搭載されているロジックに、バーネット1326法も存在します。

自分でBETするのが面倒な方は、このFifties Hackerを使ってオートベッティングをするのもありだと思います。

 

まとめ

バーネット1326法が、連敗数が多くても連勝すれば利益が出ますし、連敗が多くなっても賭け金が小さいので大きな損失になりにくいですし、長いスパンでBETできます。

賭け金は最大6単位、最低1単位なので、連勝さえすれば連敗数が多くても利益が出やすいです。

 

【 システムベット一覧 】

・マーチンゲール法(Martingale)

・パーレー法(Pare)

・31 System

・バーネット1326法(Burnett)

・ダランベール法(D’Alembert)

・グッドマン1235法(Goodman)

・モンテカルロ法(Monte Carlo)