システムベット

グッドマン1235法|フィフティーズハッカーのロジックを解説

資金管理

バカラやルーレットなどのカジノゲームを始め、FXやバイナリーオプションなど様々な投資で使われるグッドマン1235法というシステムベットがあります。

このグッドマン1235法はシステムベットの中でも有名な方法の1つです。

今回はグッドマン1235法の説明をしていきます。

 

グッドマン1235法とは

グッドマン1235法は、連勝したらBET額を1→2→3→5と増やします。

1235法と呼ばれる名の通りです。

途中で負けたら、また1から再スタートします。

連勝が続く場合は5を繰り返しBETし、負けたら最初のBETに戻ります。

 

メリット

グッドマン1235法は、パーレー法と比べてBET額の増加が緩やかです。

パーレー法では連勝していても1度負けたらマイナスになりますが、グッドマン1235法は途中で負けても「±0」、状況によってはプラス域になります。

また連勝し続ければ、大きくプラスになるという特徴もあります。

 

デメリット

グッドマン1235法は、連勝しなければ利益は出ません。

回数 BET額 勝敗 損益 累計損益
1回目 10 +10 +10
2回目 20 × −20 −10
3回目 10 +10 ±0
4回目 20 × −20 −20

 

このように勝ち負けを交互に繰り返していると、マイナスになります。

ある程度連勝できるゲームで使うことをオススメします。

 

グッドマン1235法の方法

グッドマン1235法は、1,2,3,5の順に賭けていく方法です。

連勝していたらBET額を1→2→3→5と増やします。

途中で負けた場合は1に戻り、最初からやり直します。

5までいけば負けるまで引き続き5を賭けていき、負ければリセットするという単純な戦略です。

 

グッドマン1235法のシミュレーション

回数 BET額 勝敗 損益 累計損益
1回目 10 +10 +10
2回目 20 +20 +30
3回目 30 +30 +60
4回目 50 +50 +110
5回目 50 × −50 +60
6回目 10 +10 +70
7回目 20 +20 +90
8回目 30 × −30 +60
9回目 10 × −10 +50
10回目 10 +10 +60

勝っている時は、1→2→3→5の流れ通りに進めます。(連勝が続く場合は5を賭け続ける)

どんな状況でも負けたら1に戻り、最初からやり直します。

 

グッドマン1235法のシミュレーション(連勝時)

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 +10
2回目 20 +30
3回目 30 +60
4回目 50 +110
5回目 50 +160
6回目 50 +210
7回目 50 +260
8回目 50 +310
9回目 50 +360
10回目 50 +410

この表のように、連勝している限り「5」を賭け続けます。

これほど連勝することはまず無いですが…

もし連勝中に負けたら「1」に戻り、また最初から1→2→3→5と賭けていきます。

 

グッドマン1235法の注意点

グッドマン1235法は少なくとも4連勝できることを最低の条としています。

負けた時の損失は少ないですが、なかなか連勝ができない、4連勝なんてした事がないという方の使用はオススメしません。

損失額も「塵も積もれば山となる」ので負け続けたら損失が大きくなっていきます。

 

まとめ

グッドマン1235法は1、2、3、5を順に賭けていくだけのシンプルなシステムなので、初心者の方でもすぐに実践できるベット方法で、金額も大きくないので少ないリスクで安定的にゲームを楽しみたいという方にオススメです。

4回程度なら連勝ができる方にはオススメできます。

 

【 システムベット一覧 】

・マーチンゲール法(Martingale)

・パーレー法(Pare)

・31 System

・バーネット1326法(Burnett)

・ダランベール法(D’Alembert)

・グッドマン1235法(Goodman)

・モンテカルロ法(Monte Carlo)