システムベット

マーチンゲール法|フィフティーズハッカーのロジックを解説

資金管理

バカラやルーレットなどのカジノゲームを始め、FXやバイナリーオプションなど様々な投資で使われるマーチンゲール法というシステムベットがあります。

システムベットとは資金管理方法のことです。

 

このマーチンゲール法はシステムベットの中では一番有名な方法です。

フィフティーズハッカーでもロジックとして搭載されています。

この記事では、そのマーチンゲール法の説明をしていきます。

 

マーチンゲール法(Martingale)とは

マーチンゲール法とは、負けている時に勝つまで倍額BETを行う手法です。

1回でも勝てば最初のBET額に戻ります。

連敗をしていても1回のWINで損失分を取り戻せるのが、マーチンゲール法の特徴です。

理論上は必ず勝てると言われている方法です。

 

マーチンゲール法のシミュレーション

マーチンゲール法は、1→2→4→8と勝つまで賭け金(単位)を増やしていきます。

では、実際にマーチンゲール法のシミュレーションしてみましょう。

※計算しやすいようにペイアウト率が2倍で計算します。

 

例えば、最初のゲームの賭け金を10円にしたとします。

1回目で負けたら損失は10円。

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 負け −10

2回目のベットは、1回目の倍額の20円とします。

2回目でも負けたら、損失は最初のベットと合わせて30円。

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 負け −10
2回目 20 負け −30

3回目のベットは、2回目の倍額の40円をベットします。

3回目でも負けたとしたら、合計70円の損失。

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 負け −10
2回目 20 負け −30
3回目 40 負け −70

4回目のベットは、3回目の倍額の80円をベットします。

4回目に80円を賭けて、勝ったとしたら80×2で160円が戻って来ます。

回数 BET額 勝敗 累計損益
1回目 10 負け −10
2回目 20 負け −30
3回目 40 負け −70
4回目 80 勝ち +10

そうすると、ここまで賭けた金額の合計が150円なので、プラス10円となり一度の勝利で損失を取り返します。

 

マーチンゲール法の注意点

倍掛けを繰り返していくマーチンゲール法は、連敗続きになってしまうと賭け金がどんどん膨らんでしまうのが一番怖いところです。

フィフティーズハッカーに搭載されている最大回数の20回では、どこまで損失が膨らむか見てみましょう。

最初のBET額は10円とします。

 

回数 BET額 累計損失
1回目 10 −10
2回目 20 −30
3回目 40 −70
4回目 80 −150
5回目 160 −310
6回目 320 −630
7回目 640 −1270
8回目 1280 −2550
9回目 2560 −5110
10回目 5120 −10230
11回目 10240 −20470
12回目 20480 −40950
13回目 40960 −81910
14回目 81920 −163830
15回目 163830 −327670
16回目 327680 −655350
17回目 655360 −1310710
18回目 1310720 −2621430
19回目 2621440 −5242870
20回目 5242880 −10485750

 

このように最初は10円でBETしたとしても、20回連続で負けると1048万5750円の損失になります。

ここまで連続で負けることは考えにくいですが、損失が膨らむので注意が必要です。

 

また、負けが続いてしまうとテーブルの賭け金のリミットを超えてしまう恐れがあるので、最初の賭け金は少額にするのがオススメです。

「何マーチンで損切りする」「ここまで連敗したら戦略を変える」など、上限を決めておくことをオススメします。

 

マーチンゲール法の連敗する確率

マーチンゲール法は理論上は負けないと言われていますが、連敗する確率を見てみましょう。

ここでは、20回までの確率を表記します。

連敗数 確率
1回 50.00%
2回 25.00%
3回 12.50%
4回 6.25%
5回 3.125%
6回 1.563%
7回 0.781%
8回 0.391%
9回 0.195%
10回 0.098%
11回 0.049%
12回 0.024%
13回 0.012%
14回 0.006%
15回 0.003%
16回 0.0015%
17回 0.0008%
18回 0.0004%
19回 0.0002%
20回 0.0001%

20連敗する確率は、「0.0001%」と限りなくゼロに近いです。

 

フィフティーズハッカーに搭載されているロジック

フィフティーズハッカーにも、マーチンゲール法が搭載されています。

  • 8マーチン
  • 12マーチン
  • 16マーチン
  • 20マーチン

マーチンゲール法の回数(何マーチンするか)も、4つの中から選ぶことが出来ます。

マーチンゲール法の回数は、チャージする資金やポイントレート(BET額)を基準に決めれば良いと思います。

Fifties Hacker(フィフティーズハッカー)3週間で+25万円!

 

まとめ

この記事ではマーチンゲール法についての説明をしてきました。

マーチンゲール法の他にも、様々なシステムベットが存在します。

下記にフィフティーズハッカーに搭載されているロジックの一覧を載せておきます。

 

【 システムベット一覧 】

・マーチンゲール法(Martingale)

・パーレー法(Pare)

・31 System

・バーネット1326法(Burnett)

・ダランベール法(D’Alembert)

・グッドマン1235法(Goodman)

・モンテカルロ法(Monte Carlo)